このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

メールマガジン登録

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。ご希望のかたは下記より、メールマガジンへの登録をお願いします。
Eメール:  購読   解除
UNFINISHEDのメール配信システムを利用しています。送信ボタンをおすと、UNFINISHEDのWebサイトに遷移します。

配信サンプル

第25号メールマガジンです。ご一読ください。
転送大歓迎!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2013vol.25
http://npfree.jp
2013.10.5

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

----------Today's Topics--------------------------
【1】原子力市民委員会が中間報告を発表!
【2】「脱原発をめざす首長会議」の動き
【3】ハイデマリー・ダン講演会「ドイツはどのように脱原発を実現したのか?」
【4】「第三回市民科学者国際会議」開催
【5】「福島で保護と服従」フランスから知識人が来日&講演
【6】コリン・コバヤシ講演会『国際原子力ロビーの犯罪 ーチェルノブイリから福島へ』
【7】世界の原発ニュース

10月2日、東京電力は台風の雨水をタンク保管することができなくなった場合、原子力規制委員会が承認をしていない東電の排出基準値で、敷地内に排出する可能性をにじませています。さらに、東京電力は10月3日に、福島第一原発で汚染水をタンクに入れすぎたため、汚染水があふれ出し、海へ流出したと発表しました。このような状況を、周辺国はどのように見ているのでしょうか。10月1日に再び原発ゼロを明言した小泉元首相も安倍政権に対して批判を強めています。
◆「未承認基準で排水 第一原発 台風の雨対策」(2013年10月3日 福島民報)http://www.minpo.jp/news/detail/2013100311267
◆「汚染水問題 港湾外に汚染水流出 「タンクに入れ過ぎた」」(2013年10月3日 毎日新聞)http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20131003dde001040008000c.html
◆「小泉元首相「原発ゼロ目指すべきだ」 講演要旨」(2013年10月2日 中日新聞)http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013100290102902.html
◆「韓国水産相「日本は非道徳的」 対応を猛批判」(2013年9月30日 共同通信)http://sankei.jp.msn.com/world/news/130930/kor13093019510002-n1.htm
◆「韓国大使、原発汚染水の共同調査を提案 規制撤回は拒否」(2013年10月1日 共同通信)http://sankei.jp.msn.com/life/news/131001/trd13100121050009-n1.htm

【1】原子力市民委員会が中間報告を発表!
「原発ゼロ社会への道―新しい公論形成のための中間報告」
原子力市民委員会は、来年3月にとりまとめる予定の「脱原子力政策大綱」の作成プロセスとして、「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成のための中間報告」を発表します。

◆日時:2013年10月7日(月)15:00~16:00
◆場所:主婦会館プラザエフ 3F コスモス(JR『四ッ谷駅』麹町口 徒歩1分 南北線/丸ノ内線 『四ッ谷駅』徒歩3分)
◆詳細:http://www.ccnejapan.com/?p=1751

【2】「脱原発をめざす首長会議」の動き(http://mayors.npfree.jp/)
◆世話人の三上元湖西市長(静岡県)がパタゴニアにエッセイを寄稿。
「首長の皆様へ」http://www.thecleanestline.jp/2013/09/go-renewable-hajime-mikami.html

◆首長会議編集協力の本が10月10日頃出版されます。
会員のインタビューも行われています。
小石勝朗、越前綾子 / 編著『地域エネルギー発電所 事業化の最前線』(現代人文社、2013年)

◆世話人の村上達也前東海村長(茨城県)がテレビ朝日CS放送「ニュースの深層」に出演。
テレビ朝日CS放送・テレ朝チャンネル2の「ニュースの深層」
日時:10/14(月) よる08:00-よる09:00 / 10/15(火) あさ05:00-あさ06:00 / 10/19(土) あさ04:00-あさ05:00

【3】ハイデマリー・ダン講演会「ドイツはどのように脱原発を実現したのか?」 
ドイツ緑の党元国会議員のハイデマリー・ダンを招待し、「ドイツ緑の党の発足の経過、歴史、そして現在の課題」を聞く会を開催します。

◆日時:10月6日(日)午後2時~5時(開場1時30分)
◆会場:下京いきいき市民活動センター別館会議室107(京都)
◆資料代:500円
◆要申込:www.csrp.jp
◆主催:ハイデマリー・ダンさん(ドイツ緑の党元国会議員)の話を聞く会
◆詳細:http://chikyuza.net/n/archives/38908

【4】「第三回市民科学者国際会議」開催
~福島第一原発事故の放射線被ばくによる健康影響を科学的に究明し、対策を実現するために~

◆日時:10月13日(日)~10月14日(月・祝)
◆会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟
◆参加費:1日:1,000円、2日:2,000円 (資料代含む)
◆要申込:www.csrp.jp
◆主催:市民科学者国際会議実行委員会 (CSRP)
◆詳細:http://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/2013/09/26/csrp-goannai/

【5】「福島で保護と服従」フランスから知識人が来日&講演 
福島の原発被害は、国、怪しいネットワーク、科学者、専門家、反専門家、「市民運動」や各種団体がいかにして連鎖的に起った災害の共同管理者となり、上位の利害のために、つまり保護するために働くようになったかを明らかにしました。現代の保護とは服従と表裏一体ではないのか?どのような曖昧な関係が保護と服従にはあるのでしょうか?

◆日時:10月15日(火)・16日(水)18:00~21:00
◆会場:東京日仏会館 1階ホール
◆参加費:無料
◆主催:日仏会館フランス事務所 / Clerse(フランス国立科学研究センター、リール第1 大学)
◆詳細:http://www.mfj.gr.jp/agenda/2013/10/15/index_ja.php

【6】コリン・コバヤシ講演会『国際原子力ロビーの犯罪 ーチェルノブイリから福島へ』
『国際原子力ロビーの犯罪』という本を書いているコリン・コバヤシさんの講演会が行われます。IAEAなど国際原子力組織について批評をされています。

◆日時&場所
10月18日 18:30-20:30@YMCA ビッグスペース(名古屋) 参加費: 800 円(中学生以下及び原発事故避難者は無料)
10月19日 14:30-16:30@京町さいりん館(京都) 参加費:会員 800円 /一般 1000円
10月21日 18:00-20:00@広島平和資料館東館会議室2(広島) 参加費:700円
◆詳細:http://chikyuza.net/n/archives/38573

【7】世界の原発ニュース
◆「脱原発へ国境越え連携 日韓市民団体が交流」(2013年10月1日 佐賀新聞)http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2557628.article.html
◆「脱原発&電力システム改革 日本のメーカーも国民もドイツに学べ」(2013年10月1日 現代ビジネス)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37126
◆「大量のクラゲが原発止める スウェーデン」(2013年10月3日 CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/35037961.html
◆「米・インドの原発建設が前進 事故賠償責任は“闇の中”」(2013年10月4日 共同通信)http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100401002170.html
◆「欧州、原発政策足踏み 縮小派・推進派双方に課題 」(2013年10月4日 日本経済新聞)http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2504P_T01C13A0FF1000/


※「脱原発世界ニュース」バックナンバーは、以下よりどなたでも見ることができます。
http://www.unfinished.jp/email_v2/backnumber.php?uid=antinuclear2012&pid=2


<連絡先>
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
ピースボート内 「Nuclear Free Now」事務局
Tel: 03-3363-7561 (担当:越智)
Fax: 03-3363-7562
Twitter ID:DATSUGENPATSUtw