このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

脱原発世界会議2

「脱原発世界会議2」へのご参加ありがとうございました。
脱原発を実現し再生可能エネルギーを基軸とした社会をつくるための国際市民会議です。
講演で使用した会議資料を下記プログラムよりダウンロードいただけます。

会議概要

日付
2012年12月15日(土)-16日(日)
会場
東商ホール、イイノカンファレンスセンター(ルームA)(日比谷)
テーマ及び国際ゲスト
A.
原子力を規制する
  • ポール・ガンターアメリカ原子炉専門家。ビヨンド・ニュークリア
B.
チェルノブイリに学ぶ
  • アレクセイ・ヤブロコフロシアロシア科学アカデミー。『チェルノブイリ 大惨事が人々と環境に与えた影響』編著者
C.
脱原発社会のつくり方
  • キム・へジョン韓国環境運動連動/FoE韓国
  • アンドレイ・オザロフスキーリトアニア国民投票運動
  • モニカ・ゾッペイタリア国民投票運動
  • ミランダ・シュラーズドイツベルリン自由大学。独エネルギー倫理委員会メンバー
ほか多数
これらのゲストは12月14日(金)に福島視察を行うほか、一部は12月15日~16日(土日)に郡山で行われる行事(首長会議フクシマ・アクション・プロジェクト)にも参加します。
  • 日英同時通訳付きです。
  • イイノカンファレンスセンターは12月15日(土)のみです。
  • 「脱原発世界会議2」、「フクシマ・アクション・プロジェクト市民会議(12月16日)」以外のNuclear Free Nowの行事は、参加無料です。

会議プログラム


2012年12月15日(土)
日時 東商ホール(定員500名) イイノカンファレンスセンター(定員200名)
10:00

12:00
テーマB(チェルノブイリから学ぶ)①
低線量被ばくとIAEA・WHO
チェルノブイリ事故による低線量被ばくの健康影響について、国際原子力機関(IAEA)や世界保健機関(WHO)と、チェルノブイリ被災地の医師や研究者の間で評価が大きく分かれているのはなぜでしょうか?チェルノブイリ事故の影響について長年研究に携わってこられたゲストのお話を聴きながら考えます。
  • 阪上武福島老朽原発を考える会
  • アレクセイ・ヤブロコフロシア科学アカデミー
  • 中手聖一子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
  • 吉田由布子「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
  • 渡辺瑛莉FoE Japan
テーマA(原子力を規制する)①
どこか変だよ、今の原子力規制
福島原発事故という犠牲を払って、ようやく原子力規制が推進から分離・独立しました。原子力規制委員会が発足して3カ月。規制委員会は市民が満足する活動を行っているのか? 日本の現状と各国の規制とを比較しながら考えます。
  • 満田夏花FoE Japan
  • 後藤政志APAST
  • ポール・ガンタービヨンド・ニュークリア、米国
  • クリストフ・ピストナーエコ研究所、ドイツ
  • ソー・ヒョンリム グリーンピース韓国
  • 伴英幸原子力資料情報室
13:00

15:00
テーマC(脱原発社会のつくり方)①
「原発ゼロ」へ政府と政治がやるべきこと
政府が出した「原発ゼロ」方針をなし崩しにさせてはいけません。ドイツが今行っていることに学びながら、脱原発法の制定、原発立地の地域対策と雇用対策、電力コスト分析等々、政府と政治がやるべきことと、そのために私たちにできることを考えます。
  • 金子勝経済学者
  • 河合弘之脱原発法制定全国ネットワーク
  • ミランダ・シュラーズドイツ政府環境諮問委員会委員
  • アイリーン・美緒子・スミスグリーン・アクション
会議資料
テーマA(原子力を規制する)②
原子力規制への市民の提言
原子力の安全を確保するには何が求められるのか? 新しい安全基準作りを進めている規制委員会に対して、A①セッションの議論を深めながら、組織のあり方、基準の内容などさまざまな視点で、市民側からの提言をまとめます。
  • 満田夏花FoE Japan
  • 後藤政志APAST
  • ポール・ガンタービヨンド・ニュークリア、米国
  • クリストフ・ピストナーエコ研究所、ドイツ
  • ソー・ヒョンリム グリーンピース韓国
  • 伴英幸原子力資料情報室
16:00

18:00
テーマB(チェルノブイリから学ぶ)②
放射線防護のための被災者支援のあり方とは
チェルノブイリ事故後現地では何が起こり、現在に至るまでの現地の人々の健康被害はどのようなものなのでしょうか?日本版チェルノブイリ法と言われる「子ども・被災者支援法」の基本方針がいま策定されようとしています。チェルノブイリの経験から学び取り、今後必要とされる支援のあり方について考えます。
  • 満田夏花FoE Japan
  • 中手聖一子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
  • 阪上武福島老朽原発を考える会
  • アレクセイ・ヤブロコフロシア科学アカデミー
  • 山田真子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク
  • 吉田由布子「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
テーマC(脱原発社会のつくり方)②
日常のモヤモヤから政治へ-手をつなぐ女たち
原発をなくすには女性の力が必要だ。世論調査では常に男性より多くの女性が原発ゼロを望んでいる。けれど議会や選挙に期待できないとか、デモは政治と思われてないとか。そんなモヤモヤが政治につながることを語りあいます。
※「福島・水俣・レスキュアーズ」上映(小渕真理さん[福島アウシュヴィッツ平和博物館]他取材協力)
  • 上野千鶴子ウィメンズ アクションネットワーク
  • ミランダ・シュラーズドイツ政府環境諮問委員会委員
  • 松浦雅代原発がこわい女たちの会
  • 橋本典子上関原発を建てさせない祝島島民の会
  • アミ―・クロンブラドスウェーデンの女性組織リベラル・ウーマンの元メンバー、元地方議員
  • 寺町みどり『市民派政治を実現するための本』共著者
  • 今大地はるみ福井県敦賀市議
  • 植田真紀元香川県高松市議
会議資料
  • 資料アミ―・クロンブラド/557KB
2012年12月16日(日)
日時 東商ホール(定員500名)
10:00

12:00
テーマC(脱原発社会のつくり方)③
原発を止めた人たち
これまで市民の活動が、数々の原発を止めてきました。これから原発ゼロを実現していくのも、市民活動の力です。原発建設を止めた日本の運動、イタリアやリトアニアの国民投票、韓国や台湾の運動、そして原発輸出を止める活動を実践している人たちと出会い、学びましょう。
  • 松浦雅代原発がこわい女たちの会
  • モニカ・ゾッペレーガンビエンテ、イタリア
  • アンドレイ・オザロフスキーベローナ、リトアニア
  • キム・ヘジョン環境運動連合、韓国
  • ライ・ウェイチー台湾緑色公民行動連盟
  • 小笠原厚子あさこはうす
  • 石地優プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会
  • 清水敏保上関原発を建てさせない祝島島民の会
会議資料
-
13:00

15:00
テーマC(脱原発社会のつくり方)④
自然エネルギーと分散型社会への道筋はこれだ
コミュニティーの力を生かして、再生可能エネルギーを発展させ、地域に雇用も生み出す「分散型社会」。それを実現するための具体的な道筋を数々の実践例から学びます。消費者、主婦、学生、学者、熟練工、行政職員、企業、労働組合、議員、活動家、弁護士、さまざまな役割が必要とされています。
  • トーマス・ブリュアーグリーンピース・ドイツ
  • ウブェ・フリーシェ国際持続可能性分析戦略研究所、ドイツ
  • 古屋将太環境エネルギー政策研究所
  • 加藤憲一小田原市長
  • 山田幸司エネシフヤマガタ
  • 松下照幸森と暮らすどんぐり♀y部
-
16:00

18:00
まとめの会
できる!つくろう 原発のない社会
2日間の世界会議のまとめの会です。各セッションの成果を聞き、次の行動を考えます。福島からは「原子力安全閣僚会議」で何が起きているかの報告を受けます。女性と男性、若者と年配、専門家と素人、地域や国境など、あらゆる境をこえて、皆が手をつなぎ、原発のない社会をつくるために一歩踏み出しましょう。
ビデオメッセージ:
 ジョディ・ウィリアムズ(ノーベル女性イニシアティブ)
●ユース企画「We are the change 未来は一人ひとりから」
●各セッションからの報告
●福島から
●次の行動へ-世界への呼びかけ
  • マイケル・シュナイダーエネルギー政策コンサルタント、フランス
  • 藤波心タレント・高校生
  • 吉岡達也ピースボート
  • ミサオ・レッドウルフ首都圏反原発連合
  • 佐藤栄佐久前福島県知事
-
※当初参加を予定されていたアンゲリーナ・ニャーグさんは、ご本人の急なやむを得ない事情により、来日できなくなりました。